忍者ブログ
カレンダー
10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新TB
プロフィール
HN:
Naoe
年齢:
32
性別:
男性
誕生日:
1986/08/14
職業:
ガクセイ
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター
忍者ブログ | [PR]
HP作製の先遣部隊
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



先日久しぶりに大須に行ってきました

一応目的はヘッドホンを吟味するため、今なんとなく狙ってるのは

MDR-7506


ソニーのモニターヘッドホンMDRーCD900STの海外輸出版といってたフレコミで音楽鑑賞用といった音らしく、前々から少し気になっていた機種です。


大須アメ横電気街ではこの機種は残念ながらありませんでしたが、900STはあったのでそっちを試聴してみました。


まさに音がはっきり聞こえる、難しい言葉でいうなら音の解像度が高い感じ。音のアラを隅々まで探せるという意見がなんとなく頷けました。
個人的にはこの900STの技術が流用されているMDR-EX90SL をビックカメラで試聴してみて結構いい音だなぁという印象があったのでまさにこの音はそれ通りの音でした。
海外製と比べて味付けが皆無な感じは否めませんがそれもまた味かな、となんとなく納得してみたり。




あと今回、店員さんに頼んでSTAXのヘッドホンを初めて試聴させて貰いました。
この会社の機種、なかなかの高額機種で「なかなか高いですねぇ」と店員のおじさんに言うと

「この音でこの価格は安い!」

と自信をもって言っていたので、さてどうだと聞いてみました。
仕様はSR-404 に専用真空管アンプ


繊細です、音が粒子のように細かい部分まで表現されてます

まさに別次元の音です


店員いわく普通のダイナミック型ヘッドホンの場合マグネットで鉄板を一方から振動させる形式だが、STAXのヘッドホンは磁気フィルムを左右から振動させる形式であるため特殊なアンプが必要なもののほとんど聞き疲れがせず細かい音まで繊細に鳴らすのだそうだ。
ちなみにSTAXは国内メーカーであり

「この技術は海外には真似できません」

と店員もご満悦



価格層も3、4万から10、20万といった高額な域ですがそれに見合うだけの性能はあるとワシ自身も思いました。
けど買う自信はありません、やっぱ高いです。





ホントヘッドホンの世界はすげぇよ。
PR


この記事にコメントする
HN:
TITLE:
COLOR:
MAIL:
URL:
COMMENT:
PASS:
無題
最近は昔に比べて。
良いものも安く成って来たんだろうね。

オーディオブームも再来間近らしいしぜ!!
マレン 2007/04/04(Wed) 19:15 *edit
無題
遅レススマソ
実際国内製品は結構安かったりするんだよね。

外国製品の場合輸入代理店が中間マージンをとるおかげで現地価格よりかなり高く売られてる現状があったりもする。

まぁ良いものには変わりないんだけどね。
ブームがきたらちょっとは下がって欲しいものです
Naoe 2007/04/08(Sun) 05:11 *edit
この記事へのトラックバック
トラックバックURL:

Powered by 忍者ブログ  Design by まめの
Copyright c [ ワシの託 ] All Rights Reserved.
http://naoe.blog.shinobi.jp/