忍者ブログ
カレンダー
08 2018/09 10
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
フリーエリア
最新TB
プロフィール
HN:
Naoe
年齢:
32
性別:
男性
誕生日:
1986/08/14
職業:
ガクセイ
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター
忍者ブログ | [PR]
HP作製の先遣部隊
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



一日は映画千円デー
ってことでやっとこさ観てきました

スカイ・クロラ

押井守監督作品
観なきゃ観なきゃと思いながら気づいたら一月弱すぎていてさすがにそろそろと思い観にいきました。



最初に感想で言えることは実に
押井さんらしい作品
・・・ということです。


といってもイノセンスほどコッテリ風味ではなくとても爽やかに淡々と物語が進行していくといった感じです。
淡々といっても設定等で初見の人にはかなり分かりにくい、というかぼやかしている部分があるのも実に押井さんらしい

物語の雰囲気としてはヨーロッパの映画、よく観たことはないのですがフランス映画のようなとても情緒的な流れを感じました。場面のカット割りに関してもかなり時間的に長めのカットを使って「長いなぁ」と思わせないギリギリのラインで細かい演技を入れてキャラクターの感情を観る人に探らせる、とてもゆっくりとした時間間隔に観る人を浸らせてくれます。



とは言え押井さんの作品としてはかなり趣味を抑えたかな、という印象ではありました。そこまで細かいことにこだわらず物語、今回は特に恋愛物として構成されていてとても意外にも思いました。



原作の小説はこれが公開される数年前に本屋で手にとったことがありますが最初の文体的にその時は合わないなぁと思ったので購入はしませんでした。
森博嗣さんの小説は「すべてがFになる」くらいしか読んだことがなかったので改めてスカイクロラシリーズも読んでみようかと思います。



一般の押井さんの作品が初見という人にはちょっと分かりにくかったり情報不足な面もありますが、物語の空気観、その空間の中に浸ることができる映画だと思います。
何回か観るも良し、原作やムックをひっくり返すも良し。
考えさせる余裕をもたしてくれるのも押井作品の良さだと思いますから。


色々語りたいところですが文章力がないのでここらへんにしときます。
とても良い映画です、観て外の街へ出ると世界の見方が変わるくらいに・・・。
PR


もう久しぶりに映画館に行って観て来ました。

崖の上のポニョ

ピンで観てきたんですが、なんか満員でした。
そこそこ後ろの真ん中から左寄りの席に座れたわけですが・・・


まぁなんつうか うん

ポニョかわいいわ

話としては凄く単純なんだけどなんというか
アニメとしての動きと表現、あと夢うつつな雰囲気で
全てを許してしまえそうな感じです。



たぶん細かいところが気になる人は色んなところにツッコミを入れたくなるでしょうが子どもだけが観ることができる異界の話ですからもうそれでいいじゃないって感じに諦めて下さい。



少なくとも私は楽しめました
興味が薄くても一度は観てみるべき作品だと思います
それだけの価値があるモノだと思います。



いやぁ やっぱ宮崎さんは子ども好きだわ。




本日一日にたちやっと見ることができました。

硫黄島からの手紙

父親たちの星条旗との二部作であるこの作品、十一月の初旬に星条旗の方を見てこの方やっと映画舘でコレを観れました。

やはりクリントイースットウッドは上手い、今回はかなりストレートに物語を伝えていく形に構成しており外国の監督が作ったとは思えないくらいに日本人が真っ直ぐに描かれていた。

渡辺謙や伊原剛志の演技が光りまくってた、二宮和成もかなり頑張ってたと思う、ただ少し若い印象が残ってて設定的に妻子もちというと「?」な感じもしたがそこは演技でカバーしててよく演じられていたと思う。


あとこれは少しネタばれになるかもしれないが、最後のスタッフロールの役者欄に栗林忠道中将の表記が

「General Kuribayashi」

と表記されていた。
アメリカ、日本、すべてのスタッフの栗林中将に対する敬意がここに込められているのではないかと感じ何かこみ上げてくるものがありました。


クリントイーストウッド監督この二部作で戦争と国家、個人、そして家族、これら様々な人たちの物語を曇りないフィルムに焼付け、見る人たちに提示している。
そこには当時の戦争の姿がある、良い悪いではなく人が生きた戦争がある。それらを我々に見せる事で考える機会を与えてくれているように思えてくる。


ほんと久しぶりに泣けましたよ、良い映画です。


そういやぁ一昨日久しぶりに大学の図書室で映画観てみた



「プライベートライアン」

いやなんとなくこの映画ワシ最初らへんのノルマンディー上陸戦見たことなかったからちゃんと見てみようかと・・・

いやほんと気合はいってるね、上陸戦
戦争の生々しい感じが出てて実に素晴らしい
そして最終局面のあのセリフが聞けてもうお腹一杯です
ホンマええな



「アバ~ム!弾持って来い~!」


アバム君マジいいキャラです。



・・・・いや、なんかそんだけです。


今月 一日の千円デーに見てみました

父親たちの星条旗


前評判が色々なんとも言えない感じだったので
なにも考えないで観ました

まず構成が上手い
映画として全体の話の流れの組み立て方が良い
そして見せ方も良い


何か話のパズルが組み上がっていき、最後のピースがはまった時に悲しみか感動にもにたモノがドッと押し寄せくる
そんな感じです

あと今も昔もかかえるアメリカの欺瞞のようなモノがメッセージとしてこの映画にはあると思います

とにもかくにも次にくる 「硫黄島からの手紙」 にも期待
日本側からの視点の中で監督クリント・イーストウッドがどのような答えを出してくれるのか

待ち遠しいかぎりだ



Powered by 忍者ブログ  Design by まめの
Copyright c [ ワシの託 ] All Rights Reserved.
http://naoe.blog.shinobi.jp/